調理方法

葉酸を壊してしまう調理方法とは

こんな調理方法は葉酸を破壊してしまいます。
この成分を破壊しない調理方法は一体何なのか。
せっかくならこの成分をしっかり残して摂取したいですよね。
どうすればこの成分を残しつつ調理ができるのかをご紹介していきたいと思います。

葉酸にとって一番の敵は熱です。この成分は熱を与えてしまうと壊れてしまうのです。
例えばほうれん草はサラダではあまり食べません。
痛めものに使われたり、茹でてお浸しにして食べたりします。
どうやって食べればいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
その方法はずばり、さっと洗って、さっと炒めるです。
何故さっと洗うのか気になる方もいるかと思います。
この成分は熱だけでなく、水にも弱い成分です。
水であまり洗ってしまうとこの成分が少し壊れてしまうのです。
炒めたら熱を与えることになるのでこの成分が壊れてしまうのでは、と思った方もいるかと思います。
そうです。熱を与えると壊れてしまいます。しかし、弱火でさっと炒めることによって最大限残しつつ食べることができるのです。

この成分を摂るうえで一番やってはいけないことは茹でることです。
この成分は熱にも弱いことを先ほど紹介しました。
さらに水にも弱い成分であるとも言いました。
そうです。茹でるという調理方法はこの二つのやってはいけないことを一度にやってしまっているのです。
ほうれん草のお浸しでは葉酸を摂取することは非常に難しいです。
食卓に料理が並ぶときには60パーセント以上の葉酸が壊れてしまっているのです。

 葉酸を摂るうえで一番いい方法はサラダで食べることです。
サラダにして摂ることによって熱を一切加えずに体の中に入れることできるのです。
体に摂取したい場合はサラダ、もしくは最大限残してくれる炒める調理方法がいいでしょう。

このように葉酸は調理方法によって壊れてしまうのです。
せっかく食事をするなら一度の食事で多くの栄養素を摂りたいものですよね。
調理方法で充実した食事をすることができるのです。
調理方法は食材を美味しく味わうだけでなく、食材の栄養素を残すための作業とも言えるのです。